主食は物欲と妄想デス。


by paraplu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

TVドラマ、みますん。

c0015607_10415796.jpg

盆休み、ぜんぜんそんな時間はありませんが、
改めて今DVDで一気観したい2作品の話。

両方堤カントクだし、池袋ウエストゲートパーク(以下IWGP)に至っては
クドカンだし、もう思いっきり「してやられてる」感アリアリですネ・・・・。
IWGPで、シリアスにかつ熱くしたがる堤カントクに対して
いやー、そりゃ恥ずかしいっしょ!と常々思っていたクドカンが
「木更津キャッツアイ」を単独でやったっていうのは有名な話です。

そんな熱めのオッサン堤カントクの、高熱加減が面白かったのが
ケイゾクでした。昔々の昼ドラでは思わず唖然とさせられるほどの大根役者
っぷりだった渡部篤郎が別人のように面白かったし、中谷美紀の「柴田」も
よかった。この二人が、後に『永遠の仔』というどうしようもないドラマで
再び組んだときは「おっ!」と思ってしまったほどです。ついでに流れで
『永遠の仔』も最後まで見ちゃった(&大後悔)みたいな!
ケイゾク、あんまり好きだったもんで、いまだに携帯の着メロは、主題歌
だった中谷嬢の「クロニック・ラブ」なぐらいです。

一方、水面下の駆け引きはともかく、堤カントクとクドカンのいいところが
ガチコーン!と出たのがIWGP(よね?弱気!)
なんでスか、当時は池袋はカラーギャングで大変だったようですが。
放映当時は苦情電話もバリバリだったという話です。
いやー、しかし長瀬クンも窪塚クンも、きたろうも渡辺謙もみーんなみんな
適役だったデスよ。書きながらもう既に観たいッス!!
ついでにやきそば食べたいッス!!!

[PR]
by paraplu | 2005-08-12 11:00 | 日日雑録