主食は物欲と妄想デス。


by paraplu
カレンダー

2005年 02月 04日 ( 1 )

Supersize me

ずっと気になってたのですが、ついに見に行きました、
スーパーサイズ・ミー!
しかもですね、見に行く前にファーストキッチンで晩御飯食べました(笑)。
どうなの、この映画見に行く意義は?と煩悶しつつ・・・つい・・・・

欧米の食文化と日本のそれに大きな開きがあることが
改めてわかりました。ヴァラエティが少ない。圧倒的に、欧米の場合。
ワンプレートの食事が殆どだもんなぁ。もうはなっから概念が違うんだなーと
実感した。サイズの大きさもほんとにあんな感じだし。向こうのSサイズって
こっちのLぐらいは軽くある。怖いのは最初は「なにこれ!こんなん食べきれん!」
と思ってても、だんだん慣れてくること。わたしも海外生活で太った経験が
あります。10kgぐらいは太ったかな。日本でもジャンクフードやファストフードや
インスタントフードはあるけれど、選択肢の幅がぜんぜん違う。

この映画のよさは、量や数字やイメージを使ったわかりやすい表現。
わかりやすいだけに怖さもダイレクトに伝わってきて、なかなかおそろしい。
モーガン監督が摂取した砂糖の量を見たときは絶句しました。
スーパーサイズに至る変遷をドリンクカップで示したのもよかったし。
キリストの絵をみて「うーん、ジョージ・W・ブッシュかな・・・・?」と
真顔で答えている子供も最高でした。

最近わたしが疲れやすいのは栄養面で偏っているからかも。
この映画、そこらのホラー映画より怖いです。
しかしわたしがもっとも「うわー!!!!!最悪!!!」と思った
シーンは本来のメッセージとはまったく関係ない、サンデーの中に
髪の毛が入ってた場面。うわーーーーーーーー!やめて!!!!!!
c0015607_22194047.jpg

[PR]
by paraplu | 2005-02-04 22:22 | cinema備忘録