主食は物欲と妄想デス。


by paraplu
カレンダー

2005年 02月 05日 ( 1 )

名付けの女王

『父の詫び状』 向田邦子著

エッセイですが、小説に負けず劣らず映像が目に浮かぶ世界。
あとがきで沢木耕太郎氏がおっしゃっているとおり、観察力と記憶力
によってつくられた「映像」の世界が広がってました。
どのシーンをとってみても、鮮やかに浮かぶ物や人や情景。

各章のタイトルのつけ方も好き。それぞれの章で、扱われる題材が
違ってて、その章の中でも小さい話が題材に沿って連鎖されていく
小気味よさが良かった。どの章も好きですが、タイトルとあわせて
好きなのは「卵とわたし」かなぁ。「あだ桜」、「昔カレー」もよかった。
しかし、「卵とわたし」ですよ。何度みてもいいタイトル。
『わが卵の歴史』なんて言葉、すらっと出てこないよなぁ。

男前で女前の向田さんのいとしい家族の描写がそこここにあふれた
粋なエッセイでした。

[PR]
by paraplu | 2005-02-05 22:02 | 活字中毒