主食は物欲と妄想デス。


by paraplu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:No music,No life( 24 )

RIPを聴きすぎる件。

相方に送ってもらったRIPのアルバム「EPOCH」と「FUNFAIR」を毎日聴いてマス。大袈裟な比喩では決してなく、本当に毎日!!さすがのミシェルも「またかいな」と苦笑するほどです。ええ、またですよ!そして歌いながら誉成と踊りまくりの日々。
シヤワセ~!!!

特に最近好きで好きでたまらない一曲がコレ↓

wonderful!!!!!

生かされてる~!
活力あふれます!
わんだほー!!!
[PR]
by paraplu | 2008-02-20 04:44 | No music,No life
c0015607_1772988.jpg

いやぁ、もう、すっかり音楽からは足を洗ったかのような生活をしていた私でしたが、今日出会ってしまいましたよ、心揺さぶられるほどの一枚に!!!!鳥肌モノでした!今なによりも欲しいのはあのアルバム!とまで思っているほど一目(一聴?)惚れ。

あまりの興奮ぶりに今日は聴き倒しシリーズもSkip。
それが、これ↑Lefties soul connection『HUTSPOT』
ファンクの中でも格別に思い入れのあるオルガンがブイブイでして。しかもただのファンクでもないという!ああー、ほんっとにカッチョいいです。あのカッコよさを形容できるほどの語彙がなくて申し訳ないデス。

しかもアムス出身だとよっ!!奇遇、運命?!?(単純)
・・・でもCD屋さんの試聴機のヘッドフォンってアレ反則ですよねぇ。アレで聴くと大概「オオッ!」って思いがちだと思いません?

[PR]
by paraplu | 2006-04-01 17:15 | No music,No life
c0015607_20104888.jpg

またまた間があいておりました。そしていきなり大本命を本日は。
第四回目はTheStoneRosesの1stアルバム、『TheStoneRoses』です!

いやー、もうローゼズですから。一時期はいわゆる「マッドチェスター」と呼ばれたこの周辺・・・いや、ローゼズ一辺倒だったりもしたワケで。思い入れは充分です。ベタにビートルズから開花したワタシの洋楽人生も、80'sポップスなどにまみれつつ、紆余曲折がございましたが、ローゼズに出会ってからは、何かがガツンと変わったんですなー。これがオンガクってものか!と力強く実感したことをいまもなお覚えております。そしてなんと、10年後(だっけ?)にファンが待ちに待ったセカンドアルバムをリリースしてあっさり解散してしまった甘酸っぱい思い出・・・・。

しかしこの1stアルバムのキラキラさ具合といったらどうなんでしょうか!
え?自分の青春時代を重ね合わせてるゆえの幻聴??(ありえます)
いまでもM12"I am the resurrection"からM13"Fools gold"のギターインストを聴くと軽く泣けます。この流れ、完璧すぎ。このインスト具合といい、逆回しの曲(M4"Don'tStop")といい、さりげなくビートルズテイストが醸し出されている点も名盤らしさが感じられますナ。もう、こういう衝撃を受けることはないのでしょうか?それぐらいmyオンガクライフにインパクトを与えた問題作。なんといっても捨て曲がないのがおそろしい。ので、全曲紹介しておきます。

1:I wanna be adored
2:She bangs the drums
3:Waterfall
4:Don't stop
5:Bye bye badman
6:Elephant stone
7:Elizabeth my dear
8:Suger spun sister
9:Made of stone
10:Shoot you down
11:This is the one
12:I am the resurrection
13:Fools gold

[PR]
by paraplu | 2006-02-22 20:32 | No music,No life
c0015607_1855567.jpg

唐突に思い出した二回目から間髪入れずにお届けいたします、
第三回はSmashingPumpkinsの『Siamese Dream』でございます。

コチラもなんとリリースは1993年。ワタシがもっとも音楽漬けだった頃です(笑)。あの頃は寝ても醒めてもとにかく音楽!朝起きたらプレイヤーON、寝るときはおやすみタイマーセットして、寝入るギリギリまで音楽を聴いていた生活でした。今はちょっとでも気分に合わない音楽を聴くぐらいなら、無音の方が心地いいぐらいになってしまいましたが・・・。年なのかしら?!?

さて、このスマパンって、「大ファン!」っていうことは一度もなかったんだけど、何回聴いても、いつ聴いてもイヤにならないという意味ではワタシの中で大きな位置をしめているバンドでもあります。だいたいビリー・コーガンの声は個性的すぎて、ZWANを聴いてみても「や、コレ、まんまスマパンですから」みたいなところがあるにもかかわらず、どの曲もそれなりに違ってるっていうところが不思議。特にスマパンの場合は多分バックの音の分厚さゆえでしょうね。轟音ギターなんだけど、しっかりメロディアスだし。イントロ(M1"CherubRock")のドラムロールを聴くだけでもワクワク。一曲一曲のキャラが立ってるんだけど、アルバム全体通して聴いても全く遜色ない、異例の名盤。

M3"TODAY"、M5"Rocket"、M8"GeekU.S.A"などが好み。
特にM8の轟音&スピード感は最高!

[PR]
by paraplu | 2006-01-20 19:08 | No music,No life
c0015607_2054449.jpg

コーナー化しておいて、2回目から堂々と放置していた「聴き倒し」シリーズ。
唐突な第二回目は、suedeの1stアルバム、『suede』です。

なんと1993年リリースですってよ。90年代でさえも余裕で懐かしい・・・・。
その後もアルバムを出したりメンバー変更があったりした後、現在は活動停止中。

それにしても、このアルバムはすごい。当時聴いてたより、今聴いたほうがもっとすごい。でも感じることはただひとつ、バーナードのギターは歌っていたなぁ、と。ヴォーカルのブレットとずっと寄り添って歌うかのような、ときにはヴォーカルさえも軽く凌駕してしまっていたあのギター。ただそれがあまりにも好きで、聴きたくて、繰り返し繰り返しギターフレーズを聴いてました。バーナードはsuede絶頂期ぐらいに辞めてしまいましたが、ワタシの中でsuedeといえば、今でもこのアルバムをおいて他にありません。

ベタですが、M2の"AnimalNitrate"、M7の"TheDrowners"、M10"MetalMickey"あたりはギターの歌い上げかたが尋常でない珠玉の名曲たち。
日本版にのみ収録のM6"MyInsatiableOne"ピアノヴァージョンも泣けます。

[PR]
by paraplu | 2006-01-18 21:12 | No music,No life

殿、ご乱心。

c0015607_20143430.jpg

CDを買うときですら、いつも1枚買うのにじっくり吟味するミシェルが、こないだは一気4枚買い。乱心したねェ、こりゃ!

ということで、買ったのは元スマパンのビリー・コーガンのバンド、ZWAN
TheStrokesの新譜、MoondogJrBillyBragg&WILCO、そんでワタシはタワレコにてセールになってたLEMONJELLYを購入。思いがけずCD祭!

[PR]
by paraplu | 2006-01-04 20:23 | No music,No life

c0015607_19513286.jpg

いきなりシリーズ化(笑)!
何の脈絡もなく、ただ好きで聴き倒してるアルバムについて
どうでもいいことを語るだけのコーナー(?)です。

第一回目は、JunkieXL(オランダ人!!)の『BIG SOUNDS OF THE DRAGS』

多分皆様も一度は耳にされたことがあるだろう、かのエルヴィス・プレスリーの
『A little less conversation』をElvis VS JXL名義でリミックスしたシングルで
一躍有名になったワケですが、ワタシもこの曲でハマったクチです。
もともと、大のブレイクビーツ(BigBeatsとも言ったっけね)好きで最初はケミカル兄弟から入ってFatboySlim御大を通過し、MintRoyaleなどと出会ったりしつつ、未だに好きなジャンル。さてこのJunkieXLは、どちらかというとケミカルっぽさが漂ってます(※特にケミカルのアルバム『DIG YOUR OWN HOLE』収録の「The Private Psychedelic Reel」周辺)が、ときどき垣間見せる、どキャッチーなテイストはFatboyslimにも共通します。

この『BIG SOUNDS・・・』は、真夜中っぽさが気に入ってます。
しかもものすごく奥行きのある音質なので、夜空的でもあり。
M4の"POWER OF BIG SLACKS"、M7の"LEGION"あたりが好みです。

[PR]
by paraplu | 2005-12-08 20:37 | No music,No life
c0015607_10583957.jpg

思いっきりメジャー!しかも思いっきり遅めにハマってスミマセン!
ベストアルバム『グッジョブ!』をリリースしたばかりのRIPSLYMEに
ちょっとばかり気をとられてます(笑)。

新曲『Under the sun』※コチラでちょろっとPV観れます。がモロにツボに
入ってしまったんですよねぇ。このPVはイイ!とりあえず「え~、RIPかよ~」
と思いっきり引き気味のアナタ(誰?)もこのPVだけは観て損はなし。
センスあんなぁ~!!ラジオでUnder the sunが流れるだけで耳先がピクッとします。

Beastie好きのワタシとしては、陽性Hiphopが好きなんだなぁ、やっぱり。
カンに触る寸前の高音Voice(=BeastieではAdrock、RIPではPES)、
渋~いハスキー低音Voice(=MCAとILMALI)、
など無理矢理共通点を見つけて自分を納得させようとしてます(笑)。
※・・・・なんか10代後半の青春(遅いネどうも)を洋楽漬けで過ごしてきた私には
邦楽を「好き」っていうのに未だに照れがあるようでして。

c0015607_11102374.jpg

そんでヒマだったので、友人宛の手紙(便箋)にすべく、こんなことまでしちゃいました。
左が元ネタで右が作成中の便箋です(笑)。その友人、RIPのベスト買ったって
言ってたのでちょうどいいかナァ~、なんて。ぎひひ。
[PR]
by paraplu | 2005-09-05 11:12 | No music,No life
いつもオンガクといえば、どちらかといえばアホよりな、いや10割の確率でアホよりな
ワタシですが、今回な~んとカントリーですよ!
c0015607_16201544.jpg

一時期はアメリカで、ブッシュ政権(っつかブッシュその人)を批判して
エラい大変な目にあったことで、みなさんもご存知かと思いますが、
DIXIE CHICKSです。
ミシェルの友達がこのCDをくれて、最初、ワタシは「えー、カントリー?!」
と思いっきり拒否反応をしていたのです。あんまりスキな分野でないもので。
ところが聴いてみるとだんだんイイかもとか思って、しまいにゃCD聞きながら
鼻歌→熱唱!(笑)
特に、『landslides』という曲が好きです。変わっていくことが怖い、というフレーズ
はいろんな人間関係にあてはめることが出来そうです。
たまにはこんな曲も聴いてます。
今回はtaraさん経由でオジャマしたsatomiさんの
~日々のMY NEWS~
へTBいたしました。
[PR]
by paraplu | 2005-08-24 16:25 | No music,No life
c0015607_103982.jpg

神戸のJETSETRECORDでのポップに、
やれジュニアシニアだTahiti80だ、とにかくソレ系が好きなひとには
もうたまらんアーティストを引き合いに出しての煽り文句が書いてあったので、
気になっていたUtrecht
結局JETSETでは試聴できず(※PC調子悪かったので)、そのまま買わずに
おりました。

そしたらミシェルが自分だけ東京行っちゃって申し訳なく思ったのか(笑)、
土産代わりにUtrechtの「New Beach」を買ってきてくれました!!

確かにポップだしエレクトロだしキャッチーではあるけど、あそこまで
ベタ褒めするほどなのかどうかは正直微妙・・・。いや、好きなんですけどね。
明らかにソレ系なんですけど、もうちょっとガツーンとした何かが欲しいと
思いました。

8月24日はいよいよ我らがJuniorSeniorのニューアルバム
『HEYHEY MYMY YOYO』リリース!!!!!シングルカットされてる
「Take my time」、最初聴いたときはうーん?という感じだったけど、
何回か聴くうちにやみついてます。魔力ッ!

[PR]
by paraplu | 2005-08-19 10:48 | No music,No life