主食は物欲と妄想デス。


by paraplu
カレンダー

<   2005年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

偽乙女がお送りします

c0015607_17485789.jpg
一昨日はミシェルの誕生日でした。
欲しがっていた、本とCDのほかに
実はもう1つヒミツのプレゼント
を買ってあるのですが、
5月2日にならないと届かないので、
それはヒミツのままにしてあります。

それから、いちごババロアを作りました。
ううーむ、悪くないんだけどなー。
最高ッ!ってまではならなかった・・・。
残念。
板ゼラチンをふやかして、
牛乳に入れて混ぜるあたりで、
ちょっとダマになっていたのが原因??
漉したのになー。

ようやくこれで三十路揃い踏み。
だからどうということもないけど、
だからこそ、しみじみうれしかったりもします。

[PR]
by paraplu | 2005-04-30 17:52 | 日日雑録
c0015607_17381710.jpg

今回、オランダの窓文化について語ろうかと思っておりましたが、
乙女雑誌『spoon.』がオランダ特集を組んでいたので、いてもたっても
いられなくなり。窓文化はいずれまた。

HEMAとかアルバート・ハイン(スーパーマーケット)の話をよみつつ、
なつかしさいっぱい!!しかも、個人的にずっと地味に推していた
Jip en Janneke特集までも・・・・・。嬉しい気持ちと、じれったい気持ちが
入り混じる、フクザツなオランダ好き根性。でも、そういうの、ないスか?
「わたし、前から好きだったんだって、これ!」・・・みたいな・・・(笑)。

今回まさにそんな感じをもちつつ、でも楽しみました。
写真はミシェルの妹がプレゼントしてくれた、コップです。
毎日使いまくりです。この絵本、本当にオランダ人はもれなく読んでると
思われるぐらい、あたりまえに生活になじんでます。HEMAも
たくさんいろんな商品出しているし。ポストカードもいっぱい種類あるし。
ナインチェ(うさこちゃん)より、一般的に浸透してるかも。

オランダはデザインに対して、わりと無関心な部分もあるのに
基本がものすごくシンプルでしっかりしているので、街を歩いてても
楽しいです。ディック・ブルーナ氏の色使いしかり、Jip en Jannekeの
影絵風のクールな(当時はまったく別の事情によってうまれたにせよ)絵しかり。
最初にまず、子供用にと思ってデザインされていないところがいいのかな。
とにかく成熟したデザインが多い、デザイン兄貴なオランダ。
それは窓辺にも何気なく現れているのですが、
その話はまたいずれ。

[PR]
by paraplu | 2005-04-30 17:47 | オランダ

むりくりやりくり

c0015607_13102450.jpg
GW間近!わーいわーい。
お金がもらえなくても(派遣なので)、休みだわっしょい。

そう、お金ないンです!わは!
でも笑って誤魔化してるだけでは、
やっぱりダメではなかろうか、とおもい、
今までずーっと無視し続けていた家計のことを考え、
唐突にお小遣い制度を導入いたしました。

みてみて、このかわいいさいふ~!
神戸のお気に入り雑貨ショップ『マンドレイク』のがま口です。いただきものです。
ずっと海外であまった硬貨入れとして地味な活動をさせていたので、
ようやく晴れ舞台でうれしいかぎり。

ミシェルはさっそくCDと本などを買って、ほとんど残金がなさそうな勢いで驚き。
いつも物欲なさそーじゃん!どったのよ?!と思ったけど、自分が物欲にまみれて
常に何か買いたがっているわたしとしては、なんだかこれもうれしいのよね。
一人で後ろめたくならなくてもいいから・・・・?(笑)
一方、わたしは買いたがりのクセにしょうもないところでケチってみたりして
まだマンガ一冊と雑誌一冊しか買ってません。
俺のほうこそどったのよ?!?!自分にびつくりです。

だけど、小遣い制度はいろいろすばらしい。だいたい何か買うときに
「買ってもいい?」と聞かなくていいし、ヘタすりゃ2回に1回のわりあいで
「・・・すみませんねー」と謝ったりだってしてたのだ。自分で稼いだお金なのに
謝るなんて理不尽。と思ってたので、そういうのがなくなって大満足~。

いざとなると、何がほしいのかわからなくなったりして、心配(自分が)!

[PR]
by paraplu | 2005-04-27 13:28 | 日日雑録
なぜだかわたしの周りには、
BECK嫌いが多い。キライというか、「もひとつ好きでない」という消極的なキライらしい。
ミシェルも「あの声が好きになれない」というし、相方(友人)もそんなような態度だった。
なんで?なにがダメなの?

てかむしろ大好きよ!!で、BECK『Guero』新作でぇす!!

ファンとか好きとかいっといて、
オディレイ以来あんまり真剣に聴いてなかったりもしたんです。
白状しますけれども。が、これはいい!かなりいい!めっちゃいいー!!
絶対FUJIROCK'05(2日目)行こう。決めたぞ。

けど、昨日のアレに比べたら、もう・・・(笑)。ダメだ、
夢中になりすぎて他が見えない。どストライク。

[PR]
by paraplu | 2005-04-26 17:20 | No music,No life
あまりのことに一人PC前で踊り狂ってみたり!
今回はもはや感動的ですらある、ビートルズ+ビースティーズへTBっ!

え、えらいこっちゃ、こりゃ!!!
出所とかがよくわからないままTBしてるんですが、これ正規で売られてたり
するもんなんでしょうかね・・・・・。絶対・速攻・ご購入コースです。
キャッチーすぎる(笑)!どっちがどっちをサンプリングしてるのか
もはやわからないぐらい、BeatlesもBeastiesもキャッチー☆
たまらンです。

個人的には、一曲目がホームラン!
(以下、妄想)
これがシングルカットされたりしたら、CMかなんかに使われたりしたら
ステキすぎて失神しちゃ~う!

[PR]
by paraplu | 2005-04-25 22:24 | No music,No life
c0015607_21193049.jpg
気が触れたかのように、
投稿しまくっててスミマセン(笑)。
まー、そういうブログがあっても
いいじゃあないですか。
まずは『銀河ガールパンダボーイ』。
なんか昔・・・・氷室冴子の小説でこういう響きのがなかったっけ?

かわかみワールド、今回はなんだかしっとり小雨、っていう感じです。
え?意味わかンないすか?全体的に静かさが勝つ流れになってました。
今までの「少女ケニア」とか「ネオンテトラ」とか「ワレワレハ」とかは
瞳孔がパーッと開いちゃってるキャラが多かったんですが、今回のは
みんなある意味地に足がついていた・・・・。でも好きな作風。
一見、ぜんぜんフツーの恋愛マンガじゃないのに、
並の恋愛マンガよりも数倍心にしみ入ったりもします。

c0015607_21295587.jpg
一方こちらは、relax+UNIQLO。

発売された日からずーっと気になってたんですが、ずっと買わずのままでした。
なんとなく今日購買。なんで別冊なんだろうか・・・・。relaxが、たとえば
モスバーガーとかスタバとかの特集組むの、結構好きなんだけど(※わたし内ベスト特集by relaxは『コロコロコミック』
別冊っていうのがなんとなく気に入らない(笑)。表紙にツヤがあるのもヤだなー。
じゃあなんで買ったんだ。
ユニクロのマイナスイメージを羅列する
イントロを読んでいて、ことごとく「ああ、そうそう」と思ったりして、さあ!こっからどうやってプラスに持ってくんだ、relax!?と期待してみたらツメも甘かったような・・・・(泣)。
せっかくあれだけマイナス面がクリアになったんだから、もうあとはユニクロさん、あんたたち次第だよ!!というのが読後の感想。

[PR]
by paraplu | 2005-04-25 21:43 | 活字中毒

いちばん待ってた雑誌

c0015607_20271156.jpg
とうとう、とうとう出たーん!!「カメラ日和」第2号発売日なり発売なりよー!!

自称・雑誌ジャンキーのわたしが、数ある雑誌の中でも、
もっとも発売日を心待ちにしていたのが、
「カメラ日和」です。



創刊号のブログ記事を見て、わたしもブログをやってみよう、と思ったぐらい
ですから、ご贔屓っぷりはひとしお。

そして、今回も期待を裏切らない構成ぶり。
基本は創刊号をしっかり踏襲しているので、読みやすいし
内容も充実です!そして、写真を撮りたくなるし、それを工夫してみたくなる、
創作意欲をきっちり今回も刺激してくれます。

Lost in Translationという映画の中で、主人公を演じている
スカーレット・ヨハンソンが
「なんでもないような、自分の足を撮ったりして写真家気取りで・・・・」
みたいなセリフを言うシーンがあるのですが、
女の子なら、写真がすきなら、「ああ!わかる!」って思う、
あの感じを雑誌にしたら、こんな感じ。きっと。

[PR]
by paraplu | 2005-04-25 14:45 | 活字中毒

MUSIQUE BOUTIQUE

c0015607_2024189.jpg

ミシェルからの誕生日プレゼントは「MUSIQUE BOUTIQUE」というオムニバスでした。

これWAVEの視聴機にかかっていて、何気なく聴いたわりには
結構秀作ぞろいです。先述のピンクパンサーと同様、『ながら』BGMに最適。
最近はこういう『ながら』BGM向けアルバムがいちばん落ち着くワ~。
お客さんを呼ぶときにさっくりかけておくことができるし(笑)。

一曲目のChannel Hoping(Feature Cast)、
「Are you ready~?!」「イェー!」みたいなバカ炸裂なの、大好き。
結局Fatboyslim好きってことかしらね・・・・(笑)。
三曲目のCrazy In Love→Patrick&Eugeneというユニットが
ビヨンセの名曲を脱力カバーしたのもいい。本当に脱力。
原曲のパンチの効いた、その「パンチ」の部分を全部とっぱらうと
こういう感じになるかもしれません。ははは。

損しないオムニバスって、実は貴重。

[PR]
by paraplu | 2005-04-25 14:24 | No music,No life

座頭市

またもや北野作品。
でも邦画で英語字幕付のDVDって実はあんまりないから、ついつい・・・・。

前回の「菊次郎の夏」でも同じことを言いましたが、
映画のストーリーや背景や、出来のよしあしにかかわらず、
たけしの作品はやっぱりビートたけし(もしくは北野武)そのものを
観てるっていう気分が、すごく、常にあります。

今回は座頭市。
なんでタップなんだろう(笑)・・・・。SIGHTのマンガ特集の号での
渋谷陽一氏との対談で、まだタップに夢中な様子が語られていたけれど、
あの最後のタップ導入は半分「はぁー?(笑)」と思いつつも
それまでのつくりがかなり好みだったので、結局楽しんで見てしまいました。

最初の方の田植えのシーンとBGMのリズムの合わせ方(タップへの伏線)が
「おおっ」と素直にすごいと思うだけに、クライマックス(タップね)がますます
残念だったです、個人的には。伏線はすごくよかっただけになぁ!
しかし話の流れ方は数ある北野作品の中でも相当好きな方かも。
いわゆる時代劇の定番的な部分を丁寧になぞりながら、たけし流の
味も出せてるあたり、さすが。

いい役者もふんだんに使って、しっかり楽しめる合格映画でした。

[PR]
by paraplu | 2005-04-25 14:14 | cinema備忘録

途中でやめるな!!!

c0015607_22124645.jpg

不肖、わたくしparaplu、本日誕生日でごわす!
おめでとう!!ありがとう!!(一人祝い)

ミシェルが素敵なチョコレートムースケーキで祝ってくれました。
写真はろうそくの数が多すぎて途中でギブアップの図。

誕生日はいくつになっても嬉しいもんですよ。
いや・・・・年を重ねるごとに嬉しさも重ねていくもんですよ。
少なくとも、わたしはそう思います。はい。

早くもプレゼントでもらったCD聴きまくってます。
その話は後日、「No music,No Life」にて。

[PR]
by paraplu | 2005-04-22 22:18 | 日日雑録